今年は何を贈りますか?

主婦必見のスマホ節約術!家族3台で通信料5000円以下の我が家の神プラン!


スポンサーリンク

 

今回のお話は、通信費の節約について。
タイトルからもお分かりのとおり、我が家ではMVNOの格安SIMを利用して、通信料の大幅な節約に成功しています。
自分で言うのもナンですが、神業的です(笑)

節約の苦手な私でもできる固定費の節約、まずは一番身近なスマホから。
というわけで、さっそく我が家のスマホプランと月額料金を紹介したいと思います。

※この記事内の金額表示は、注釈がない限り税別です。

我が家の神プランを公開するよ

スマホのプラン

夫、私、長女の3人がスマホを使ってます。
通常のキャリアスマホ(au/docomo/SoftBank)であれば2万円弱~2万超えのところを、4分の1の値段、驚きの5,000円以下に抑えることに成功しました。
いや、5,000円以下どころか、4,000円ちょいで運用しています。

1万6,000円の差額があれば、小学生の給食費(月5,000円)+中学生の給食費+学級費(月1万円)が賄〔まかな〕えてしまいます。

1年分に換算すると、19万2,000円。
差額2~3か月分で、高性能のスマホだって買えます。

3人で4,000円ちょいですから、1人前が1,300円台。
ランチ代程度で済んでるんです♪

そんな我が家の家計の強い味方が、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBB

インターネットプロバイダとしてはかなり有名なGMOインターネット株式会社。
特にADSL(12M)1,877円(税別)は業界最安値です。
ADSL専用型(電話回線を必要としない)だと3,129円です。

残念ながら、我が家は提供エリアに入っていないのですが(泣)

そんな超おトクなプロバイダが提供しているMVNO(格安SIM)がこちら



我が家のプランは、6GBを3人でシェアする通話機能つきプランです。

まずは主となる契約を2,130円で契約します。
これが160円値引きで永年1,970円

GMO BB 永年割引キャンペーン

 

ちなみに、このキャンペーンは平成28年8月13日現在、実施中のキャンペーンで、終了時期は未定のようです。『永年割引キャンペーン』バナーの表示されているページからスタンダードプランに申し込んだ場合にのみ適用されるということなので、注意が必要です。

さて、この『音声SIM』には、通話機能(SMS機能を含む)と高速データ通信6GBがついてます。
高速通信はdocomo回線を利用しており、下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsのプレミアム4G™にも対応済み。
・・・と、何だかよく分からない言葉がズラズラッと並びましたが、一言で表すとサクサク快適に使えるわけです。

翌月からデータ通信量を変更することもできます。
まぁ6GBあれば増やす必要に迫られることはないでしょうけど。
前に契約していたのが3GBを3人で分け合うプランでしたが、不便さを感じたことはありませんでしたので。

ちなみに、シェアSIMを利用している条件下では、データ量を3GBに減らすことはできません。12GBに増やすことはできますけど。

この主契約に『シェアSIM(通話機能つき)』 900円×2枚 を追加します。私と長女の分ですね。

ここまでで合計3,770円消費税を入れても4,072円です。

ただし、通話料は別です。でも、3人とも通話はほとんどしません。

連絡はほぼLINE。声が聴きたいときも、相手もLINEをしていれば、LINE電話で事足ります。LINE電話なら、ビデオ通話だって無料ですから。

ただし、LINE電話(アプリ通話)はインターネット接続しているのと同じ状態になるので、データ量を消費します。

LINEをしていない相手や、通話品質に問題があっては困る場合(例えばパートの面接予約とか、学校に用事がある場合など)は楽天でんわを使います。通常の電話回線を使用するので、データ量を消費しません。基本料金はゼロ円で、使った分だけ後払い。利用金額に応じて、楽天スーパーポイントも貯まります。

通話料は30秒10円。キャリアケータイ(au/docomo/SoftBank)の2分の1です。

通話品質を保ちながらこのお値段。家計を預かる主婦にとっては非常にウレシイ。それに、楽天で使えるポイントが貯まるのもありがたいですね。

スポンサーリンク

ただしGMO にだって弱点がある

データ通信は高速だし、たくさんついてるし、それでいてリーズナブル。超おトクなGMOの格安SIM。

でも、やっぱりデメリットだってあります。

我が家では、以前はhi-hoのSIMを契約していました。故障してしまった『Nexus5』を購入したときから、割と長いことお世話になっていたんです。

GMOに乗り換える際の最大のデメリットは新規契約手数料。

hi-hoでは3枚組プランは『1契約』で、3,240円(税込)で済みましたが、GMOは『主契約』『追加SIM』『追加SIM』で3本の契約となり、3,240円×3=9,720円(税込)もかかってしまいました。

6,480円の差額は結構イタかったなぁ。

それでも、キャリアスマホを使っていたころから考えると、安いもんですけどね。1か月でじゅうぶん元が取れてしまいますから。更新月以外に契約を解除するときの違約金10,260円(税込)なんかと比べてもね。

ついでに、データ量は3人で3GBあればじゅうぶんだな・・・という方のために、hi-hoのプランも紹介しておきたいと思います。

hi-hoのおすすめプラン

お世話になっていたhi-hoの契約は、typeDシリーズのアソート(3枚組)1,409円でした。

データ通信の速度はGMOを凌駕する、下り最大375Mbps。サクサク快適でした。

docomo回線を使用しているので『typeD』なんだそうです。とはいえ、typeA(au)やtypeS(SoftBank)があるわけでもないんですけど。笑

hi-ho LTE typeD
これに通話機能700円×3人分=2,100円を付加して、合計3,509円消費税を足しても3,790円

そう、実はGMOの3,770円(税込4,072円)より安かったんです。ちょっとですけど。

でも、hi-hoはデータが3GBで3人で分け分けでした。なので、6GB分け分けのGMOに乗り換えたんです。

私は3GB分け分けでも不便だと感じたことはなかったんですよ。でも、パパさまが「少し遅いのが気になるときがある」と、ポケモンGOをプレーしながらつぶやいたので、税込282円の差額で3GBが買えるなら・・・と、乗り換えを決めました。

3GBが282円ですよ。高速データチャージは100MBで200円(税別)が相場ですから、それを考えると、かなり安いです。

スポンサーリンク

ところでスマホの寿命ってどのくらい?

つい先日まで夫はGoogleのSIMフリースマホ『Nexus5』を使用していました。

が、ある日 突然Wi-FiもLTEも拾わなくなってしまったのです。Wi-Fi専用機としても使えません。トホホ。

保険をかけていないので、泣き寝入りですね。電波を拾わないスマホは、もはやビッグサイズの電卓でしかありません。笑

2014年の初めごろから使っていたので、はや2年半近く経ってたんですね。

このことから考えると、スマホの寿命というのは、やはり三大キャリアが設定している『2年しばり』に相当する年月程度ということなのかもしれません。

実質0円/メール送受信無料のガラケー

ガラケーですら電話をかけてきた相手の番号が標準で表示される世の中になっているというのに、相手先の電話番号を表示させるだけの機能が400円。基本料金も無駄に高い。

固定電話を置くことは不毛に思えて仕方ないので、我が家は現在、NTTの電話番号を休止しています。

インターネットプロバイダが無料で1つ提供してくれたIP電話(050番号)があるのですが、やはり相手先表示に月額料金がかかるため、普段は使用していません。

長女はスマホを持っているからいいけれど、長男を留守番させるとき連絡方法は・・・と考えた結果、auで0円ケータイを契約しました。

※ユニバーサル料金は請求されます。

  • au『プランEシンプル』 1,560円
  • 『誰でも割』 25か月間、基本使用料半額 △780円
  • 『EZ WIN』 300円
  • 値引き △1,080円

これが2台で0円です。何台 持っても0円です。25か月間、実質無料プランです。

『ユニバーサルサービス料』は値引きの対象にならないので、1台3円×2台=6円+消費税で運用していることになります。

1台は固定電話の代わりに家に置いて使っています。

もう1台は、キャリアケータイのアドレスがないとダメなとき用。長男が単身で出かけるとき、連絡用に持たせたりもします。

ただし、小学生男子はどこにでもポンと放置して忘れるので、実際には、持たせることはほとんどありません。

あとは、ハンズフリー通話設定を利用し、トランシーバーのようにして使うと、意外と便利です。出掛けた帰りに車内で眠ってしまったチビちゃんを起こしたくないときなど、車内に1台、手元に1台。起きた様子があったら迎えに行く、というふうに利用しています。

ただし、この方法が使えるのは、我が家のように車庫と家が隣接していて、頑強なガレージがある場合に限ります。実践される場合は、特に真夏の車内環境にはくれぐれもご注意くださいね。

家電の休止について

ちなみに、NTT西日本では、休止してもらうための手数料が2,000円(税別)かかります。

再開するときは、2,000円(税別)ないしは1万円(税別)程度の費用が必要です。電話番号は、もともと使用していたものとは違った番号を付与されます。

電話番号を変えたくない場合には、月々の使用料を支払って電話番号をキープすることもできるようですよ。

スポンサーリンク

スマホ使用状況

インターネット接続

自宅ではWi-Fi環境なので、データ量は消費しません。

外出先で使用する機会

例えば子どもの誕生日プレゼントを探しにイオンへ行ったときなどに、ちょこちょこ調べものをするぐらいです。これは!と思う逸品を見つけたときなど、Amazonとの差額を調べてみてから、その場で購入するかどうかを決めたりします。

あとは、マックでドライブスルーするときなどに、メニューやクーポンを検索する。

いずれも月に1度あるかないかの機会で、頻度は非常に低いです。

docomo回線を使用しているので、サクサク快適。山間部に入りさえしなければ、全く問題なく使えます。

ゲーム

『ツムツム』『モンスト』『妖怪ウォッチぷにぷに』ぐらいですかね。

ネットに接続されているのは、ゲームを立ち上げたとき(ログインするとき)と、プレー後にセーブデータを更新するときぐらいなので、データ量としては大したことありません。

ただし、『ポケモンGO』はデータ量をしっかり消費します。GPS(位置情報)を使用するからですね。

夫はタブレットを持って近所のポケストップを回ったりしていますので、こんなになっちゃいました。

通信量

・・・と思ってよくよく画面を見ると、さほどデータ量を独占していないことが分かります。やはり何事も『知ることから』ということですな。

カーナビ代わり

我が家は海が好きなので、夏季は何回か鳥取へ海水浴に行きます。

このときは裏道ナビとして大活躍します。

もっとも、最近では夫が完全に裏道を覚えたので、ナビも必要なく、代わりに『ポケモンGO』が立ち上がってますね。

山道が多い山陰道中では、「インターネット接続が見つかりません」区間が割と多いのが難点です。『ポケモンGO』がつながらない山の中では、当然ナビとしても使えません。

ただし、これはMVNOだからというわけでなく、山深いところではキャリア契約のあるスマホやガラケーも繋がりません。

スポンサーリンク

MVNOのデメリット

1.『すぐそこ』にない

IT企業に勤める夫の会社の人でさえ、キャリアスマホを手放したがりません。どこにでも店舗があって、すぐに相談に行けるから・・・なんだそうです。

確かに、MVNO業者は店舗を持たない場合が多いので、分からないことがあっても、聞きに行けません。それがデメリットと言えば、言えなくもありません。

でも、サポートセンターや問い合わせフォームが用意してあるところがほとんどです。

※サポートがしっかりしている事業者を選ぶことも大事なポイントです。

それに、昨今ではググれば何でも出てきます。困ることは皆無です。我が家では。

2.MNPしてもキャッシュバックがない

MNP(電話番号を変えずに乗り換え)するとき、三大キャリアのようなキャッシュバックや値引きなどがありません。

でも、補って余りある差額が発生するので、問題になりません。

3.家族間通話が無料にならない

品質が担保されない通話でも構わないときは、通話料無料の『LINE電話』『Skype』などのアプリを使います。

ただし、ネット接続が不安定な場所では通話品質も不安定になります。

そして、ご存じでしょうが、LINE電話はLINEの連絡先登録のある相手にしかかけられません。また、相手が拒否設定にしていたらかけられません。

そんなときは楽天でんわがオススメ。

 

4.キャリアケータイのアドレスが持てない

@ezweb.ne.jp/@docomo.ne.jp/@softbank.ne.jp/@i.softbank.jp が持てません。Gメールなどのアドレスを使用することになります。

キャリアメールに送信するときは、相手にドメイン受信設定をしてもらわないと、迷惑メール扱いされ、受信拒否されてしまいます。

5.LINE認証ができない

 

LINEを使いたい人数の分だけ携帯電話番号が必要になりますね。

これは必ずしも『通話プラン』を選ばなければならないわけではありません。SMS(ショートメール)の使えるプランなら大丈夫です。


スポンサーリンク

コメントを残す