南谷真鈴の読み方と金持ち親父の職業は?インスタ画像でカップやスリーサイズを予想してみた!


スポンサーリンク

南谷真鈴さんが話題となっています。
何でも史上最年少で『冒険グランドスラム』を達成したんだとか。

・・・・・冒険グランドスラム?
何それ美味しいの?

そして名前はいったい何と読むのかなど、調べてみることにしましたよ。
よろしかったらお付き合いくださいね。

南谷真鈴さんのwikiプロフィール

 とってもキレイな方です。
『冒険』という言葉は おおよそ似つかわしくありませんねぇ。

 

 

【名 前】南谷真鈴
【読み方】みなみや まりん
【英語表記】Marin Minamiya
【本 名】同じ
【性 別】女性
【生年月日】1996(平成5)年12月20日(金)
【星 座】いて座
【年 齢】20歳(2016年7月4日現在)
【干 支】子年(ねずみ)
【血液型】O型
【出身地】神奈川県川崎市
【中学校~高校】東京学芸大附属 国際中等教育学校
【学 歴】2015年4月 早稲田大学(政治経済学部 国際政治経済学科)に入学
【ご両親】父:清隆さん
【兄弟姉妹】
【趣 味】登山、山岳活動、料理、スキー、マリンスポーツ全般(山も海も行けるんだね!)
【職 業】大学生
【肩書き】七大陸最高峰(セブンサミッツ)日本人最年少登頂記録保持者/全国山の日協議会認定の『山の日アンバサダー』

 

ほぅ・・・モデルさん並みにキレイですね。

 

f:id:mamamassan:20170419235927p:plain
南谷さんのインスタグラムより

 

南谷さんは英語・中国語がペラペラのトリンガルです。(台湾語も操るのかな?)
彼女は東京で生まれ、1歳半のときマレーシアに渡り、中国の大連、上海と12年にわたって移り住み、幼いころからいろんな国のいろんな学校を転々としてきました。
例えばカナダの学校、アメリカンスクール(美國學校)、中国、日本、イギリス。
「私は一体何人なのかがちょっと分かりません。笑」みたいなことを台湾の番組のインタビューで話しておられました。

 

↓↓この動画では英語でお話しになってます。

 

 

ちょっと変わった感覚の持ち主というのかな、会社の階段や、何かトラブルを乗り越えたこと、傷ついて立ち直る過程、それらすべてを『山に登る』と表現するんです。

登山をする人に「なぜ登る?」と聞いたら「そこに山があるから」とお答えになるそうですが、彼女にとっては どんなに小さなチャレンジでも、乗り越えれば『山』なんだろうな。

 

f:id:mamamassan:20170419235603p:plain
marinminamiya.com

 

実際、よく聞かれるんだそうです。

「なぜ山に登るの?」
「寒くないの?」
「頂上からは何が見えるの?」

 

彼女は山に登ることで、自分で『自分』の中に綴じ込めていた自分を解放することができたと語っています。う~ん・・・深イイ。 

登山を始めたキッカケは、12歳のとき見た新聞記事。
17歳でエベレスト登頂に成功したニムドマ・シェルパさんというネパール人女性が紹介されていました。

f:id:mamamassan:20170420194145p:plain

同世代・同性の偉業に興味を持ち、13歳のとき住んでいた香港で初めて告残。
それから登山にハマっていったんだとか。

ジムトレーニングでは、傾斜を最高にしたランニングマシーンで1~2時間、背中には30kgの荷物を背負って歩くんだそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

冒険者でないから何だかよく分かってあげられないけどスゴそうな記録

2015年

①1月 アコンカグア 6,959m(アルゼンチン)
②7月 キリマンジャロ 5,895m(タンザニア)
●8月 モンブラン 4810.9m(フランス)ヨーロッパアルプスの最高峰
●10月 マナスル 8,163m(ネパール)
⇒ 女性登頂達成者の中では世界最年少
⇒ 8,000m峰登頂を日本人最年少で達成

③12月 コジオスコ 2,228m(オーストラリア大陸最高峰)
④12月 ヴィンソン・マシフ 4,982m(南極大陸最高峰)

 

2016年

●1月 南極点到達
●2月 カルステンツ・ピラミッド 4,884m(インドネシア)
⑤3月 エルブルス 5,642m(ロシア)
⑥5月23日 エベレスト 8,848m(ネパール)
⇒ 日本人最年少登頂

⑦7月4日 デナリ 6,190m(アメリカ)

◆七大陸最高峰登頂制覇(アジア人最年少記録)
◆世界最年少エクスプローラーズ・グランドスラム達成

※①~⑦が七大陸最高峰です。

さらには、2017年4月13日(木)、北極点にまで到達してしまったんですと。

何ソレめでたいヽ(^o^)丿
ていうか、つい先日じゃん!!!

 

 

これを達成した彼女に与えられた称号、それが・・・

冒険グランドスラム!

Explorer’s Grand Slam(エクスプローラーズ・グランドスラム)です。

 

グランドスラムというのはテニス用語で、

●全豪オープン(オーストラリア)
●全仏オープン(フランス)
●ウィンブルドン(ドイツ)
●全米オープン(アメリカ)

の世界4大大会をひっくるめて表現した言葉。
『この4大会を1人の選手が同じ年のうちに全て制すること』も『グランドスラム』といいます。

 

スポンサーリンク

 

カップとスリーサイズはいくつぐらいだろう?
インスタ画像で検証してみよう!

 ウエストはそんなに細くなさそう。
そりゃまぁ、世界各国の最高峰をめぐる体力が必要ですから、ほそっこい体ではね。

インスタグラムに投稿されている画像から想像するに、カップは85のCといったところかな。
スリーサイズは85-65-87ぐらいの感じ。

南谷真鈴

南谷真鈴

南谷真鈴 

 

スポンサーリンク

 

金持ち父さんの職業や年収は?

山に登るのって、すごーくお金がかかるんですよ。
ご存じでした?

ある女性登山家の方が言われてたことがあります。

エベレストに登頂するためには、まずは(スポンサーがいない場合)仕事を休む間の無収入状態について考えておかなければなりませんよね。
その次に、渡航費用やら、滞在費やら、保険やら、装備やら、体調を整えるための何やかんやで、5人ぐらいのパーティー(小隊)を組んで登ろうと思うと、ざっと3,000万円!
家が建つじゃないか・・・。

だって、入山料が1人120万円っていうんですから。

 

南谷さんの場合、とてもおキレイでいらっしゃる上、弱冠ハタチで偉業を成し遂げたりと、話題に事欠かない人物です。
そんな彼女の場合は、現在では『ユニクロ』という大きな後ろ盾がありますから、渡航費用やら雑費やらに悩まされることはないでしょう。

 

でも、まだ無名のときからさまざまな山に登ってこられました。
では、その費用は・・・?
彼女はまだ大学生ですから、アルバイトで海外渡航にかける費用を稼ぎ出すのは無理があります。

けれども、記録を見ると、大きなものだけで11回の渡航。
何百万なんていうケタの話ではありません。
億のお金が動いてますよねぇ。

 

どうやらお父様は貿易関係のお仕事をされているようで、ご実家はお金持ちなんだとか。

スポンサーは?

ご実家が裕福であることに加えて、ユニクロとスポンサー契約を結んでいることで、ウェアや登山費用など、資金面でも備品面でも強力な後ろ盾があるということです。

 

 

8,000m級の山では気温がマイナス30℃にもなるそうですが、これに対応するウェアは登山用品店では入手できません。
ユニクロが彼女のために特別に開発した服を着て登っているんだそうですよ。

 

ともあれ、若き美人登山家・南谷真鈴さんの今後のご活躍をお祈りしています。


スポンサーリンク

コメントを残す