インフルエンザ予防接種の適切な時期と回数は?料金と注意点

 

小さな子供や受験生の子供を持つ家庭にとって、また妊娠中の方にとって、インフルエンザの流行にビクビク気を張っていなければならない季節がやってきますね。
インフルエンザは、型も、流行する時期も、毎年 異なります。
そのため、流行する時期を予測しつつ、適切な時期に適切な方法で予防接種を受けることが、感染や重症化を防ぐ一番の近道となります。

今回は、予防接種の適切な時期と回数、そして受ける前と受けた後の注意点、また、そもそも予防接種は受けるべきなのか・・・などについてお話ししたいと思います。


スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防接種、適切な時期と回数は?

 

yobousessyu

 

大人の場合、予防接種は基本的に1回 受ければ、シーズン中は効果が持続すると言われています。
これは、既に体内に抗体ができているため、1回の接種でも、ワクチンの効力が発揮されるためです。

でも、13歳未満の子供は、まだ体を守るための抗体が完全にできていないので、シーズンに1度の接種では感染のリスクにやや不安があります。
そのため、完全なワクチンの効果を期待するのであれば、1シーズンにつき2回の接種が基本となります。

2回目の予防接種までは、1回目の接種から2~4週 空けなければならないため、スケジュールの調整が必要です。

インフルエンザワクチンが効いてくるのは接種後2週間目からで、最も効果を発揮するのは接種後2か月目なんだそうです。
そのため、大流行の兆しのある月や受験日程などとの兼ね合いを見ながら、2か月前に2回の接種を完了しておくのが理想と言えます。
例えば11月下旬までに2回の接種を完了しておけば、そのワクチンが最も効力を発揮するのは翌年の1月中ということになります。

昨今、おおかたの医療機関では、10月に入ると、インフルエンザ予防接種の予約ができるようになります。
大流行すると、毎年のようにワクチン不足のニュースが聞かれるようになりますから、早めに予約しておく必要がありそうですね。
医療機関によっては、予防接種を予約制にしている場合、また定員制や時間割制を採っている場合もあるようです。

 

 

インフルエンザの予防接種を受ける前・受けた後の注意点

 

予防接種を受ける際、風邪を引いていたり、微熱があるなどすれば、問診段階で引っかかってしまう場合もありますし、事前診察で予防接種の中止を余儀なくされる場合もあります。
予約の日には体調を万全に保ちたいものです。

医療機関で予防接種を受ける際には、さまざまな病気の感染を防ぐためにも、マスクの装着を忘れずに。

mask
小児科などでは、昨今、アルコール消毒器を設置しているところも多くなってきましたが、アルコールではウイルスは退治できません。
受診後は必ずせっけんで手を洗いましょう!

wash

また、予防接種を受けた後は、無理な運動は避けるようにしなければなりません。

なお、入浴は構いませんが、長湯は体力を消耗するため禁物です。
湯冷めにも注意が必要です!

 

 

同じ屋根の下で暮らしていれば、感染リスクは何倍にも

 

virus

 

インフルエンザの予防接種は、例えばスケジュールが合わなかったり、体調が悪く最適な時期に受けられなかったとしても、絶対に受けておいたほうがいい、というのが、過去の経験からの我が家の教訓です。

長女は、普段はほとんど病気をしないのに、なぜか毎年、例外なくインフルエンザにだけは率先して感染します。
予防接種を受けているにもかかわらず、です。
なので、試験的に(すまぬ長女よ)予防接種を受けなかった年があるんですね。
そうしましたら、やはり長女は例に漏れず感染しましたよ。

しかも長女は、小学校で、そのシーズン第1号のインフルエンザ患者となりました。
ついでに、連れて行った かかりつけの小児科でも第1号でした (@_@;
調べていませんが、もしかしたら県下でも第1号だったかもしれませんね(笑)

インフルエンザの予防接種を受けなかった このシーズンの症状は、過去最悪でした。
その前のシーズンまでは、感染しても熱が出るだけで、他に目立った症状はなく、「何なら、学校 行けば?」と言いたくなるぐらい、通常と変わらない様子で過ごしてきた長女。
このシーズンだけは違っていました。
ふだん少々の体調不良では泣き言を言わない彼女が「しんどい」と言って、ずっと横になっていました。

234253

やはり受けなければいけなかったね、と話しました。
長女には申し訳ないことをしました...(―_―)

このシーズンは、我が家はプチ・パンデミック状態に陥りました。
長女に次いで次男(当時3歳)が感染しました。
幸い、症状は重くならずに済みました。

※ パンデミック・・・正しくは「世界的な大流行」という意味です。

 

次いで、会社で予防接種を受けていた夫(36)が感染しました。

私の夫の会社はシステム関係ですが、医療機関に出入りする機会が多いため、予防を徹底しなければならないということで、自己負担額1,000円で予防接種が受けられます。(自由選択)

そのシーズンももちろん接種を受けていました。
にもかかわらず、長女から感染し、かなり重い症状を呈していましたね。

あいにくその日は木曜日で、多くの医療機関が休みでした。
(子供のかかりつけ医は午前中のみ診療していましたが、小児科へ連れて行くわけにもいかず(笑))
どうにか開いている医療機関を探し出し、連れて行きました。
言ってやりましたよ、「寝込める人はかかるのよ」ってね。
( ̄∀ ̄*) おーっほっほ。

そして最後、よりにもよってすべての医療機関が休診の日曜日の朝、三男(当時1歳)が高熱を出し、当番医を探して受診したところ、やはりインフルエンザに感染していました。

そして私は最後まで罹患しませんでした。
気合いじゃ~っ!! 母は強し!

120184

 

4人の子供たちの中では、一番丈夫な長女が真っ先に罹患し、なぜか喘息持ちの長男だけが罹患せずに済みました。
これは我が家の七不思議のひとつです(笑)

 

 

教訓! インフルエンザの予防接種は家族そろって!

 

ところで、このとき夫を診察してくださったドクターによると、接種を受けていれば、スーパーなんかですれ違った人のインフルエンザはもらわない、ぐらいの予防効果はあるにしても、やはり、同じ屋根の下で一緒に生活していればうつるよ、とのこと。
ごはんも同じ空間で一緒に食べてるしね。

大人は予防接種を受けていれば100%防げるものと思っていました。
とんだ認識間違いです >_<

また、インフルエンザウイルスは、人から人へと感染していく過程で、少しずつ型を変えているのだとも聞いたことがあります。
なので、予防接種の型が合わなければ罹患するのだと。

これらのことから、予防接種を受けたとて100%防げるものではなく、あくまでも「罹患した場合にも症状が軽くて済む」と認識しておくのがよいかと考えています。
それでも、しんどそうだった長女の姿を見た経験から、受けないよりは受けたほうがいいな、というのが、我が家がたどり着いた結論です。

また、予防接種は家族そろって受けなければ意味がないこともよーーーく分かりました。
家族の一部が受けていても、受けていない別の誰かが罹患すれば、一緒に暮らしている家族にも感染する、と。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防接種、料金はいくらぐらい?

 

インフルエンザの予防接種料は、子供1人につき1シーズン2本で5,000~6,000円という、目玉の飛び出そうな金額です。
家族でちょっと贅沢な食事に行ける金額ですね。

272664

我が家では、夫は会社で受けてきますが、自己負担額1,000円なり。
1本目3,000円、2本目2,500円として、私1本、子供たち4人×2本。
しめて26,000円なり。
ボーナス払いにしたいぐらいですが、11月下旬までには受けたいので、そうも言ってられません。
ふ~・・・ため息が出ちゃう。

できることなら1円でも安く!
我が家だけでなく、世の中のほとんどの親御さんにとっては切実な願いだと思います。
ですから私、ある年には、半径10キロ圏内の小児科という小児科、耳鼻科という耳鼻科、すべてに電話をかけまくり、シラミつぶしに調べました。

インフルエンザの予防接種って、子供&親には自治体からの助成金は一銭も出ないし、罹患したらしたで、そこでまた医療費がかかるんですから。

※ 私の住んでいる地域では、無償で医療が受けられるのは、今のところ未就学児のみです。
来年4月からは、小学生の医療費負担が3割から1割に減額されますが。

※ うちは自治体から助成金が出るよ! っていう方がおられましたら、ぜひコメント欄から教えてくださいね!

おかげで、以降、毎シーズン、ママ友がこぞって「今年はもう調べた?」って聞いてくるようになりました(笑)

そして学習しました。
インフルエンザの予防接種は「言い値」だと。
売り手市場ですねん。
1本5,000円のお店(医療機関)から、1本1,800円のお店(だから医療機関だってば)まで、実にさまざまなんです。

この「1,800円」という信じられない最安値を突き止めたイトコ、かなり遠くの小児科まで出かけてました。
かかった時間をお金に換算するとどうなるか、またガソリン代はいかほどかかったのかは、ちょっと考えたくないですが・・・(笑)

そんなこんなで、値段設定によっては、大好きな先生のところで接種が受けられなかったりもするわけですよ。
だって、標準的な値段でやってるところですら、2本で1,000円以上の差が発生する場合があるんですもんね。
1人分の差額で、2本で1,000円の竿竹が買えます(笑)
我が家は4人前ですから、ヘタしたら竿竹が8本以上 買えます。
(買わないけどね)

 

インフルエンザの予防接種、毎年、値上がりしてる気がしない?

 

076310

 

ところで、近年の接種料金の変遷を見ていると、どうも年々値上がりしているようですね。
消費税の増税などとも関連しているのかもしれません。

多くの医療機関では、1回目/2回目の接種料金が3,000円/2,500円~3,500/3,000円程度の設定で、2回目も同じ医療機関で接種することを条件に、500円程度の値引きを設定しているところが多いようです。
また、使用する薬剤の量の違いから、3歳未満と3歳以上で1回当たりの値段に500円程度の差をつけて設定している医療機関もあるようですね。

また、同シーズン内での接種も、年明け以降になると、1回当たりの接種料金を500~1,000円 高く設定している医療機関も見受けられます。
いずれにしても、この価格設定に決まりはなく、医療機関の「言い値」で決まっているのが現状です。

高齢者や免疫機能に問題を抱えている方には、お住まいの地域によって、自治体から助成金が出る場合がありますが、子供や子育て世代に当たる大人の接種は自己負担です。

かなりの出費になるため、子供に予防接種を受けさせることを断念せざるを得ないご家庭もあるでしょうね。
そうなると、感染の拡大が懸念されます。
それだけでなく、特に小さな子供の場合、手当てが遅れるとインフルエンザ脳症にかかるなど、重篤な状態に陥る可能性もあり、風邪の一種だからといって、甘く見ることは大変危険です。
予防接種料金の助成(もちろん無料なら言うことなし!)が整備される日が来ることを心から望みます。

※ お年寄りには自治体からの助成があります。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す