七五三が喪中と重なった!年賀状は出してもいいの?写真を入れて出すのはNG?

一生に1度の七五三。

かわいい盛りの写真を残しておきたい、せっかく撮った写真を年賀状に入れて皆に披露したいと思うのが親心というものです。

では、七五三のお祝いが喪中と重なってしまった場合は、年賀状についてはどうするのが一般的なのでしょうか。

せっかく記念撮影をしたのですから、写真つきで出してもよいものでしょうか。


スポンサーリンク

 

 

喪中に年賀状を出すか?出さないか?

 

実家を出て居を構えている場合、実家の曾祖父母・祖父母に不幸があっても、年賀状を控える必要はないとされています。

ただ、亡くなった方に対する思い入れが強い場合には、差し控える場合も多いようです。

我が家にも、「実家の祖父(祖母)が亡くなったため新年の挨拶を控える」旨の記載された喪中ハガキが地元を離れた友人からも届きます。

 

また、親族に出すのは控えて、友達や会社関係には出す、という人も多いようです。

 

この決まりには「正解」はありません。

婚家のご両親の方針との兼ね合いもあるでしょうし、地方特有の暗黙の了解のようなものもあるでしょう。

 

 

七五三が喪中と重なったとき
年賀状に写真を入れて出すのは非常識?

 

では、七五三祝いの記念に撮影した写真を年賀状に入れて送ろうと予定していた場合、どうするべきでしょう?

七五三の写真といえば、写真スタジオに予約を入れて年内11月ごろまでに撮影をし、翌年の年賀状に使うのが一般的ですよね。

写真撮影と同時に年賀状の作成・印刷も依頼してしまっていて、それ以降に不幸があった場合、キャンセルが間に合わないことも考えられます。

 

そのような場合、どうするのが最もよいでしょう?

 

七五三は一生に1度のお祝いですし、年賀状は年に1度の挨拶状ですから、せっかくの機会を生かして我が子の成長した姿をお披露目したいと思うのが親心ではないかと思います。

また、遠方に住んでいる親族や友人などにとっては、めったに会えない子どもの成長をうかがい知ることのできる、年に1度の楽しみでもあります。

 

また、現実的な問題として、印刷してしまった年賀状をボツにするなんてもったいないですよね。

 

私の周りでは、別居の曽祖父母・祖父母の場合は出しても構わないという意見が多いように思います。

特に、既に年賀状の印刷を依頼してしまってから不幸があった場合は、忌中でなければ問題ないとも考えられています。

もちろん、忌中であっても、差し出してしまっていれば間に合いませんので、そこは割り切ってしまいましょう。

差し止めが間に合わなかったことは相手も分かってくれているはずですから。

 

ネット上では批判的な意見も多く聞かれますが、要は自分の気持ちと、想像し得る、受け取った側の気持ちですね。

考え方、受け取り方は十人十色ですから、こちらがよいと思って差し出しても、残念ながら、受け取る側には不謹慎だと思われる場合もあるでしょう。

徹底的に批判を避けたい場合は、控えることも選択肢に入れてみてください。

 

スポンサーリンク

 

そもそも喪中って?

 

そもそも喪中って何でしょう?

これについては勘違いしている人がとても多いのですが、実は喪中というのは仏教上の決まりではないのです。

 

では、その起源は何でしょうか?

実は喪中というのは、明治7年に出された「太政官布告〔だいじょうかんふこく〕」という法律で定められていました。

この法令は昭和22年に撤廃されましたが、その考え方は弔事の慣習として根強く残っており、口づてで受け継がれています。

意外なようですが、喪中は宗教上の意味を全く持たないのです。

また、「大切な人を亡くした悲しみで、とても新年を祝う気持ちになれないため年賀状の差し出しを控える」というのも後付けなんだそうですよ。

 

mochu

 

昭和30年代に入ると、頭の切れるある印刷屋さんが、人々の心理と、既に根付いてしまっていた慣例をうまく利用して、「喪中ハガキ」なるものを発明しました。

彼は、1年の服喪期間という新常識を打ち出し、印刷需要を確保したのです。

当時、新しく流行した慣習にのっとって喪中ハガキを出したがために、旧友との間で長年 続けてきた、年に1度きりの年賀状を媒体とした交流がぷっつりと途絶えてしまった、と嘆いた人もあったそうです。

 

お菓子メーカーが巧みに消費者心理をくすぐる戦略として生み出した、「クリスマスにはクリスマスケーキを食べて祝う(?)」という習慣や、「バレンタインデーにはチョコレートを贈る」という習慣などと同じ類のものだったのですね。

土用の丑の日にウナギを食べるという習慣をつくった平賀源内〔ひらが・げんない〕を彷彿〔ほうふつ〕とさせる印刷屋さんのエピソードでした。

 

 

まとめ

 

前述のような理由から、「喪中は一切の祝い事を慎む」という慣習は、それぞれの気持ちの問題で、自由に解釈すればよいのではないかと私自身は考えています。

ただ、「喪中」という習慣が日本人の心に根付いている以上、もちろん、差し出そうと思う相手のお宅が喪中・忌中の場合は配慮が必要ですね。

知らなかった場合は仕方ありませんが、特に子どもさんや若い方にご不幸があった場合には、最大限、配慮しなければなりません。

 

なぜ現在でも「服喪」が常識として受け継がれているのか、正確には分かっていません。

考えられるのは、日本人の伝統を重んじる文化、保守的な考え方によるものではないかということです。

親から子へ、子から孫へと語り継がれてきた伝統は、正しいとか間違っているとかの議論を持たれることもなく、当然 守るべきしきたりとされてきたのでしょう。

 

私に孫ができたとして、万一、孫の七五三祝いが私の両親の喪中と重なった場合には、年賀状には子どもの晴れ姿の写真を入れて差し出すよう迷わず勧めます。

我が子、我が孫でなくとも、親族や親しい友人でなくとも、どの子に対しても、健やかな成長を心から願う、温かな気持ちを持ちたいものです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す